頭痛治療は専門病院でスッキリ治療【安心治療で痛み知らず】

指し棒を持つ医者

頭の痛い話

頭痛

頭痛の症状だけに特化した病院がお目見えしました。頭痛外来という新たな診療科では、各人が、何時どのような時に頭が痛むのかの記録を付けることで、自分の頭痛の傾向を理解し、症状が起こるのを回避していこうという取り組みが行われています

View Detail

頭が痛くなったら

医者

血管の拡張が原因の場合

脳の血管が拡張してしまうと、頭痛が起きる場合があります。これを偏頭痛といいます。偏頭痛が起きやすいのは、休日などで仕事などのストレスを感じていない場合です。体がリラックスしている状態になると血管が拡張状態になる場合があり、そのため、週末に偏頭痛が起こりやすい状態になります。せっかくの休日なのに頭痛に悩まされることも多い場合がありますが、それは体がリラックスして緊張状態にないためといわれています。その他にも、寝不足や寝すぎ、疲労の蓄積や、空腹などでも偏頭痛の原因となる場合があります。症状には、頭痛になる前に肩こりになる場合も多いといわれています。また、こめかみから目の周辺がズキズキと心拍に合わせたような感じで痛みが走ることもあります。日常生活の中で症状があらわれるため、生活に支障がでる場合もあるため、やっかいなものです。また、頭の痛み以外にも、吐き気や嘔吐、下痢などを伴う場合もあり、症状がでている状態では、光や音に敏感になり、また臭いや温度の変化に対しても過敏な反応を示してしまうのも特徴の一つといえます。頭の痛みなどの症状がでてしまうと、数日痛みが続いてしまうことも多く、周期的に頭痛を繰り返すのも特徴です。

頭や肩、首の筋肉の緊張

頭痛のもう一つの症状としては、頭や肩、首周辺の筋肉が緊張した場合などに起こります。緊張型頭痛といい、筋肉が緊張してしまうことで、血液の流れが悪くなったり、筋肉に老廃物が溜まることで、その周囲にある神経が刺激されることにより症状があらわれます。緊張型頭痛では、精神的ストレスや、肉体的疲労などが原因であることが多いといわれています。パソコンやスマホなどを日常的に使用して、同じ姿勢を長時間維持してしまう仕事や私生活をしている場合に起こりやすい病気です。また、筋肉の緊張以外にもうつ病など精神的な病気の場合も原因となる場合があります。症状があらわれやすいのは、午後から夕方といわれています。パソコンの画面などを長時間、見続けたりしていることで、目の疲れがでやすい状態になると痛みなどの症状があらわれる場合があります。後頭部から首筋にかけて頭全体がしめつけられるような痛みが出ることも特徴です。吐き気などの症状はありませんが、数時間で痛みが治まる場合もありますが、慢性化する場合もまれにあります。頭痛の症状がひどい場合には、無理せず病院に行くことも大切です。病院で診察を受け、病院での専門家からのアドバイスや病院での適切な治療を受けることである程度症状が軽減される場合もあります。

痛みが起きても安心

笑顔の女性

頭痛持ちは体質やホルモンバランスのせいだからと痛みの症状が出ても諦めている方は、症状が出ていない時でも良いので一度病院できちんと診察を受けましょう。正しい対処方法を知ることで辛い痛みから解放されましょう。

View Detail

頭が痛いと言う症状

看護師

頭痛は我慢するべきものではないと考えます。病院に行って薬をもらうだけでなく、日々の生活をどの様に過ごせば少しでも頭痛の辛さを緩和出来るかを考え、実際に色々試して見て生活に取り入れるがとても大切になってきます。

View Detail

原因を知って対処する

花と女性

頭痛にもさまざまありますから、自分はどのようなタイプに当てはまるのかを調べておきましょう。それから、病院に行くのなら、どのような症状なのか、といったことをメモをしておけば、治療を受けやすくなるのでおすすめです。

View Detail